スタッフインタビュー

「今、何を大切にするか」で、理想のスタイルは変わってくる

運転士 荒川 貴彦
入社:2005年
雇用形態:正社員からパートに変更
所属:大野営業所
役職:運転士
稼ぎたい人も、私生活を大切にしたい人も

この会社の最大のメリットは、ライフスタイルで勤務形態を選べることじゃないかと思うんです。

入社以来ずっとドライバーをしていますが、子供が生まれてから雇用形態をパートに変更してもらいました。それまでは収入アップを第一に考えていたのですけれど、形態を変えてからはガラリと生活が変わりましたね。

2人の子供がいるので、今は子供たちを中心に据えたワーキングスタイルを組んでいます。

育児との両立を目指したいなら、ぜひ選んでほしいですね!

運転士 市川 優子
入社:2017年
雇用形態:パート
所属:平塚営業所
役職:運転士(キャンディキャブ)
働きやすい雰囲気に惹かれました

キャンディキャブの存在を知り、興味を持ちました。キャンディキャブとは、神奈中タクシーグループで実施されているポップでカラフルなタクシーのこと。湘南のしゃれた雰囲気に合わせて、赤や青、黄色などのタクシーが運行されています。
たまたまこちらで勤務している知人女性がいたので、社内のことをきいてみるととても働きやすい雰囲気。彼女も私も子供がいて境遇が似ていたため、ここでなら育児と仕事の両立が可能だと思って挑戦しました。

サーフィンと仕事、どっちをとるかなんて悩まない。どっちもとるのが佐藤流!

運転士 佐藤 裕之
入社:2013年
雇用形態:正社員
所属:平塚営業所
役職:運転士
趣味も仕事も欲張りたいならここしかない

趣味でサーフィンをやっていまして、こちらと仕事の両立がもはや日課となっています。午前中に起床し、まずは波の様子をチェック。波が良ければ1時間程度サーフボードに乗り、悪天候の際はウォーキングに切り替えます。午後の早い時間に出勤し、深夜に帰宅するというのが1日の流れ。
周囲の人は「疲れないの?」と驚くのですが、体が疲れているとストンと深い眠りに落ちるんです。ですから良質な睡眠をとれていますし寝起きもすっきり。むしろ体を動かしていない日のほうが不調なくらいです。もう生活の一部になってしまっているんですよね。

事故の発生を防ぐ、それが私たちの使命です

運輸部安全管理課 副主任 石川 哲
入社:2006年
雇用形態:正社員
所属:運輸部安全管理課
役職:副主任
経理から運行管理、安全管理と多彩な仕事に関われています

入社後、経理課に配属されました。その後、グループ会社に出向したり、営業所へ異動して運行管理を行ったりと色々な仕事に携わってきました。
運行管理では運転手点呼・点呼簿確認・勤務動態チェック・帰庫点呼・夜勤点呼・日報打ち込み・チケット管理・電話応対などが主な仕事。突発事態に直面するケースもあるので、臨機応変に対応する力が身につきました。