初乗車までの流れ

入社から初乗車までの流れをご紹介します

入社

入社

入社日から最低10日間の教育が法律で定められています。

募集要項Web応募

本社教育5日間

本社教育

基本的には、入社日初日から5日目までは本社でさまざまな教育を受けていただきます。その内容は、就業規則や賃金の規程などの会社の決まりごと、道路運送法や道路交通法などの関係法令、タクシー車内の装備機器の取扱い、接客方法、交通事故防止などの教育のほかに運転適性診断の受診とそれに基づく指導があります。

募集要項Web応募

営業所教育5日間

営業所教育

6日目から10日目までは配属先営業所での実地教育になります。運行管理者や指導班長運転士などの先輩ドライバーから、出社から退社までの一連の流れを実際に体験し、適宜指導を受けて学びます。車両の運行前点検や洗車の方法から点呼の受け方、それから先輩ドライバーが運転する車両の助手席に同乗して実際にタクシー営業をしながら、接客の訓練や車載装備機器の操作のほか駅などのタクシー乗り場の入構方法や無線配車の受け方や主要な道路や施設所在地(得意先・官公庁・病院・給油所など)の地理や基準となる運行経路、事故多発交差点など通行に注意を要する地点の情報などのさまざまなことを学んでいきます。

勤務地

独り立ち

独り立ち

そして、10日目の最後に運行管理者から許可が出たら、晴れてタクシードライバーとして翌日から独り立ちです。

仕事の流れ先輩社員の声